なぜ神は私たちがなにものであるか思い出させるのか・・・・

おはようございます 奈々さんです

昨日は、夜遅く帰ってきました

今日は、昨日までの精算と年末までの予定を調整します

なんだかんだと年末までの予定がほぼ決まりましたので

  

今日中には年末までの予定を書き込んでいきますね

神との対話のお話です

あなたはわたしたちが何ものであるかを忘れさせ、それから何者であるかを思い出させるんですか?

意味はあるよ。いまの自分、そしてこうありたいと思う自分を創造を創造できるようにするためだ。それが神が神として存在する行為だ。わたしが・・・・・あなたを通じて・・・・・・わたしとして存在する!!  これが人生のすべての要だ。

あなたを通じて、わたしは自分が何ものであるか、何であるかを体験する。あなたがいなくても、わたしを知ることができるが、しかし体験はできない。知っていることを体験することとは、まったく違う。わたしはつねに体験を選ぶ。あなたを通じて、選んでいるのだ。

以上神との対話より抜粋

神が神として存在できることを書きました

いかがでしか? みなさん 今日はできたら何度でも読み返していただきたいです

神が神として存在できる行為 

それは皆さんがいらっしゃるから、神は神として存在できるのです

光の使者 マダム 愛 奈々

0248

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です